【MLB】大谷翔平、サイクル翌日も「3番・DH」でスタメン CY賞左腕から3戦連発なるか

©株式会社Creative2

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

3試合連続でスタメン出場、相手先発は昨季のサイ・ヤング賞左腕スネル

■レイズ – エンゼルス(日本時間15日・タンパ)

 エンゼルスは14日(日本時間15日)の敵地レイズ戦(同午前8時7分開始)のスタメンを発表し、大谷翔平投手は「3番・DH」で3試合連続スタメンに名を連ねた。前日は日本人メジャーリーガーとして初のサイクル安打を達成する快挙。2試合連続で先制弾を放っており、3試合連続本塁打に期待がかかる。

 大谷は13日(同14日)のレイズ戦で、初回無死一、二塁で先発左腕ヤーブローから左中間スタンドへ弾丸ライナーで突き刺す先制8号3ランを放つと、3回先頭の第2打席では左中間への二塁打、5回の第3打席では右翼線への三塁打、7回2死一塁の第4打席はフルカウントから中前安打。サイクル安打を達成した。MLBでのサイクル安打達成は史上326度目、エンゼルスでは2013年5月21日のマリナーズ戦で達成したマイク・トラウト外野手に続き、史上7人目(8度目)の快挙。自身初、日本人メジャーリーガーとしても初の偉業となった。

 11日(同12日)のドジャース戦では前田健太投手から7号ソロを放っており、2試合連続本塁打中。3戦連発に期待がかかる。今季はここまで121打数34安打の打率.281、8本塁打、26打点の成績を残している。

 相手先発は昨季のサイ・ヤング賞左腕ブレイク・スネル投手。今季は13試合登板で4勝5敗、防御率3.50。大谷とは昨季対戦し、2打数1安打1四球。1本のヒットは二塁打だった。“サイ・ヤング賞撃ち”に期待がかかる。

【エンゼルス】
1(遊)フレッチャー
2(中)トラウト
3(DH)大谷
4(一)プホルス
5(左)プエーロ
6(右)カルフーン
7(捕)ルクロイ
8(三)ラステラ
9(二)レンヒーフォ
投手 ヒーニー

【レイズ】
1(右)ガルシア
2(DH)ファム
3(左)メドウズ
4(一)ディアス
5(遊)アダメス
6(三)ロバートソン
7(二)ウェンドル
8(捕)ズニーノ
9(中)エレディア
投手 スネル(Full-Count編集部)