中央競馬、禁止薬物で150頭以上競走除外

©一般社団法人共同通信社

 日本中央競馬会(JRA)は15日、禁止薬物を含む飼料添加物を摂取した可能性のある馬がいることが判明したため、15、16日に東京、阪神、函館の各競馬場で行われるレースから除外すると発表した。除外馬は150頭以上になる。2日間とも中央競馬は開催される。