カイリー・アービングがエージェント会社を変更

©楽天株式会社

カイリー・アービングがエージェント会社をRoc Nation Sportsに変更した

今夏に完全フリーエージェントになるボストン・セルティックスのカイリー・アービングが、彼のエージェントを長年務めてきたジェフ・ウェシュラー氏と決別し、Roc Nation Sportsと契約するようだ。

ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、2019-20シーズンのセルティックスとの契約をオプトアウトしたアービングは、現地6月30日に解禁される今年のフリーエージェントを前に、Jay-Z氏が社長を務めるRoc Nationと契約するそうだ。

過去にブルックリン・ネッツの部分オーナーを務め、街のアイコン的存在であるJay-Z氏のエージェント会社に移籍することで、アービングがネッツと契約する可能性が高まっている。

ウォジナロウスキー記者は、「アービングはネッツとの契約に強い関心を抱いているが、まだニューヨーク・ニックスと契約する線も捨ててはいない」と報じている。

1

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.