<レスリング>【2019年全日本選抜選手権・第2日/特集】優勝選手の声(オリンピック階級)

©公益財団法人日本レスリング協会

(2019年6月14日、東京・駒沢体育館/取材=布施鋼治、渋谷淳)


高谷惣亮(ALSOK)

 ■男子フリースタイル86㎏級優勝・高谷亮惣(ALSOK=決勝で松坂誠應を破って通算6度目の優勝、世界選手権の代表に内定)「去年は79㎏級を制して世界選手権に出場した。オリンピック階級の86㎏級に上げて今回勝負だと思った。決勝は天皇杯(全日本選手権)で接戦した松坂選手で、しっかりと勝ち切れたことは自分の進歩だと思います。決勝(の自己採点は)は90点。残る10点は伸びしろということで(微笑)。

 プレッシャーは全然ありませんでした。今まで減量があって、(相手と闘う前に)体重との闘いも結構あった。86㎏級では減量がない分、自分のレスリングと真摯に向き合える。すごく前向きな気持ちで闘える。」


 ■男子フリースタイル 97㎏級優勝・赤熊猶弥(自衛隊=決勝で山口剛に逆転勝ち、世界選手権の代表に内定)「とりあえずホッとしました。去年はこの大会で負けて7月のプレーオフまで行ったので(敗れて世界選手権に出場できず)、今年は絶対にこの大会で決めようと思いました。反省点は自分で攻めたポイントがなかったということ。相手に押されないようにしっかりと自分の組み手をしていたんですけど、しっかりと研究されていてなかなかそこがうまくいかなかった。

 まだ自分は世界で闘えるレベルではないと思っている。今回の反省点を踏まえ、世界選手権では自分のレスリングをしてしっかりと結果を残したい。最低でも5位に入賞し、12月の天皇杯(全日本選手権)も優勝してオリンピックに出たい」


 ■男子フリースタイル125㎏級優勝・山本泰輝(自衛隊=決勝は3-2で同門の金澤勝利に辛勝、プレーオフへ)「決勝も準決勝も最初から攻め切れなかった。そこが反省点です。自分は気持ち的に弱い部分があって、『自分から入って切られてしまったらどうしよう』という不安があった。今までもずっとそういう課題があった。今回もここぞという勝負の時に自分からガツガツ攻めることができなかった。

 ただ、重量級の中では自分が一番練習したつもりで大会に臨んだ。それで第2ピリオドに(逆転のタックルに)入ることができた。あそこで攻めなかったらプレーオフにも世界選手権にも出られない。そう考えたら、行くしかないと思いました。プレーオフまでそんなに時間はない。気を抜かないでしっかり練習して勝ち切りたい」


 ■男子グレコローマン77kg級優勝・屋比久翔平(ALSOK=決勝で全日本選手権優勝の小路直頌に圧勝、プレーオフへ)「天皇杯(全日本選手権)は調整不足でふがいない試合をしてしまった。今日は何としても圧勝して、プレーオフに向けて相手にプレッシャーをかけたかった。プレーオフでしっかり勝って、世界選手権でオリンピックの出場枠が取れるようにしたい。まだそこまでの実力はないのが現状だけど、メダルを獲って世界に尾比久がいると知ってもらいたい」


 ■男子グレコローマン87kg級優勝・角雅人(自衛隊=全日本選手権に続いて優勝、世界選手権出場が内定)「ホッとしている。想像していた通りの展開で勝つことができた。攻めは満点、守りは失点したので0点です(決勝は5-3)。2-0、3-0、2-1などで勝つのが自分のレスリングです。世界選手権はオリンピックの出場権が得られる5位と言わず、3位に入って(日本代表権も)一発で取りたい。あと3ヵ月、追い込んで練習していけば世界のトップレベルに食らいつけると思う。強化ポイントはグラウンドのディフェンスです」


奈良勇太(警視庁)

 ■男子グレコローマン97kg級優勝・奈良勇太(警視庁=ライバルを破って世界選手権代表に内定)「9月のオリンピック予選(世界選手権)に出場できるという最低限度のラインはクリアできました。(相手とは)去年の対戦では最初に守ってしまい、パッシブの取り合いで勝った内容でしたが、今回は自分から攻めて最初にパーテール・ポジションを取ることができ、練習の内容ができました。欲を言えば、もう1個返したかった。

 天皇杯(全日本選手権)と明治杯を取って世界選手権の代表になるのは3度目。グレコローマン重量級の絶対的チャンピオンを証明できたのはうれしいけど、オリンピックの出場枠獲得となると厳しいのが現実。あと3ヶ月、課題を修正して臨みたい」


 ■女子76kg級優勝・皆川博恵(クリナップ=前日の予選で敗れた鏡優翔に決勝で雪辱、通算8連覇で世界選手権の代表内定)「試合前から(鏡選手は)勢いがあると思って警戒していて、考えすぎたところがあった。一番は気持ちの部分。きのうのように『負けちゃいけない』ではなく、今日は『絶対に勝ちたい』『自分から攻めていく』という気持ちを作れた。ここで決められたので、(プレーオフをせずに)世界選手権に向けた準備を始めることができる。日にちを逆算して、しっかり準備をして世界選手権に臨みたい」