公明代表「衆院解散、多分ない」

兵庫・尼崎の街頭演説で

©一般社団法人共同通信社

公明党の山口那津男代表

 公明党の山口那津男代表は15日、兵庫県尼崎市の街頭演説で「国会は26日に会期末だ。参院選は来月4日公示、21日投票となるでしょう。衆院解散は多分ないでしょう」と述べた。自民党の森山裕国対委員長は鹿児島市内の党会合で、国会会期の延長は不要だとの見通しを表明した。「確定的に申し上げる時期ではないが、おそらく会期延長はないのかなと思っている」と語った。

 山口氏は神戸市では、月末の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)を巡り「落ち着いた政治状況の中で、G20を成功させたい」と言及。衆院解散はすべきではないとの考えを強調した。