ホッケー女子、日本は逆転勝ち

8カ国国際大会

©一般社団法人共同通信社

ロシア戦でドリブルする永井葉=広島広域公園第二球技場

 ホッケーのFIH・シリーズ・ファイナル女子8カ国国際大会は15日、広島市の広島広域公園第二球技場で開幕し、1次リーグB組の日本はロシアに2―1で逆転勝ちした。

 第1クオーターに山下(コカ・コーラ)が押し込んで同点とし、第2クオーターに永井葉(ソニー)がPSを冷静に決めて勝ち越した。

 大会は8チーム出場。2組に分かれて1次リーグを行い、各組1位が準決勝に進出。準決勝の残る2枠には、各組2、3位の対戦による勝者が進む。

 大会上位2チームが東京五輪の予選出場権を獲得。日本は既に五輪出場権を確保している。