暴風と雨に警戒 河川増水に注意 16日の新潟県内

©株式会社新潟日報社

 新潟県内は15日、前線を伴った低気圧の影響で各地で強い風が吹き、交通機関のダイヤが乱れた。16日は大気の状態が不安定となり、海上を中心に非常に強い風が吹き、夕方から時間雨量が30ミリを超えるところもある見込み。新潟地方気象台は暴風に警戒し、高波や土砂災害、河川の増水に注意を呼び掛けている。

 新潟地方気象台によると、15日午後8時現在、最大瞬間風速は糸魚川市で25.8メートル、佐渡市(相川)で23.3メートルだった。22.0メートルを観測した妙高市(関山)など3地点では、6月の観測史上最大を記録した。

 16日に予想される最大瞬間風速は佐渡で35メートル、上中下越で30メートル。波の高さは下越と佐渡で5メートル、上中越で4メートル。17日午後6時までに予想される24時間降水量は多いところで上中下越100ミリ、佐渡50ミリの見込み。

 15日の県内交通機関は、佐渡汽船の小木-直江津航路で欠航が出たほか、JRは磐越西線や羽越線、大糸線で計39本が運休。えちごトキめき鉄道でも運休が相次ぎ、16日は日本海ひすいライン糸魚川-泊(富山県)間を2本区間運休する予定。大糸線も8本を運休する。

 大雨と強風が予想される16日は、各地で催しが中止される。三条市の「三条クラフトフェアin槻(つき)の森」と「花菖蒲まつり」、佐渡市の「佐渡小木たらい舟・さざえ祭り」が中止。新発田市では「しばたあやめまつり」のよさこいステージと藤塚浜などの「しおかぜウオーク」、阿賀野市では「瓢湖あやめまつり」のステージイベントが取りやめになった。