北九州の迷いクジラ死ぬ

捕獲後、沖へ向かう船で

©一般社団法人共同通信社

北九州市小倉北区の港に迷い込み、沖合に連れ戻すためクレーンでつり上げられるクジラ=15日夕

 北九州市小倉北区の市街地に近い港で確認されたクジラとみられる生物は15日、市の職員らによって捕獲、救助されたが、沖合に連れ戻す途中、船の上で死んだ。

 市や福岡市の水族館「マリンワールド海の中道」の関係者は同日、対応を検討した結果、クジラは弱っており、すぐに沖合に連れ戻した方が良いと判断した。夕方にはダイバーがクジラを追い込むなどして作業に着手。巨大な担架を使いクジラをクレーンでつり上げて船に乗せたが、沖へ向かう途中の午後8時20分に死んだという。

 市は「関係機関と連携し懸命に救出したが、このような残念な結果となった」とのコメントを発表した。