ロアッソ、連勝6でストップ 最下位に逆転負け

©株式会社熊本日日新聞社

【熊本-FC東京U-23】後半31分、FC東京U-23の久保征(左手前)に勝ち越しゴールを浴びるGK山本(右奥)ら熊本の選手たち=えがお健康スタジアム(池田祐介)

 明治安田J3第12節第1日は15日、えがお健康スタジアムなどで4試合を行った。1位のロアッソ熊本は最下位18位のFC東京U-23に1-2で敗れ、連勝は6で止まった。勝ち点差2で前節2位につけた北九州の今節が16日のため、熊本は暫定首位にとどまった。

 熊本は前節と同じスタメンで4-4-2の布陣を敷き、前半は0-0で終えた。後半14分、右からのパスを受けたMF岡本知剛がゴール前で相手DFをかわし先制点を挙げた。しかし、28分、31分に立て続けに失点して逆転負けした。

 他会場は讃岐がYS横浜に3-0で快勝し暫定2位に浮上。3位だった藤枝は1-2で富山に敗れ、5位に後退した。

 熊本の次戦は23日午後3時から秋田市のソユースタジアムで、暫定12位の秋田と対戦する。