WRC第8戦イタリア:トヨタのタナクが総合首位浮上。WRC2では勝田貴元がクラス首位に

©株式会社サンズ

 2019年のWRC世界ラリー選手権第8戦イタリアは6月15日、SS10〜15で争われる競技3日目が行われ、前日総合3番手だったオット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)が総合首位に浮上。第6戦チリからの3連勝達成目前に迫っている。

 ラリー・イタリア・サルディニアの競技3日目は、今大会最長となる142.42kmのステージ走行距離で争われる1日。前日同様、ドライコンディションのなかバトルがスタートした。

 前日、トップと11.2秒差の総合3番手だったタナクは競技3日目最初のステージだったSS10で最速タイムを刻んで首位のダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)に4.7秒差まで迫る。

 ミディアムタイヤとハードタイヤをミックスしたタイヤ選択が「間違いなく最高の組み合わせだった」と語ったタナクは、今大会最長の28.21kmで争われたSS11でも最速となり、ソルドの2.6秒後方に迫ると、SS12でもトップタイム。6.4秒リードで総合首位に浮上した。

オット・タナク(トヨタ・ヤリスWRC)

 勢いに乗るタナクは各ステージを再走する午後のセクションでもペースを維持。結果的にこの日行われた6つすべてのステージでトップタイムを刻む圧倒ぶりをみせると、25.9秒までリードを広げて競技3日目を終えた。

「各ステージでトップタイムを刻むのもうれしいけど、一番の目的はラリーで優勝すること。どれだけ多くステージ優勝を重ねても大きな影響はないんだ」とタナク。

「今日はいい戦いができたと思う。(総合2番手の)ダニ(ソルド)もかなりプッシュしていたよね。午後の走行では路面がかなり荒れていたから注意しながら走ったよ」

ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペWRC)

 総合2番手はソルドが死守。そのソルドと17秒差、トップとは42.9秒差の総合3番手には、今大会からコドライバーを変更したテーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)が続いている。

テーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)

 総合4番手はエルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC)がつけたほか、以下、アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC)、ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)、エサペッカ・ラッピ(シトロエンC3 WRC)が続いている。

 残るトヨタ陣営2台のうち、クリス・ミーク(トヨタ・ヤリスWRC)はSS14終了時点で総合4位を争っていたものの、SS15走行中にタイヤがパンク。緊急のタイヤ交換を強いられたため、総合8番手まで後退している。

 前日の最終ステージでデイリタイアしたヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)は着実な走りで競技3日目を走りきり、総合22番手までポジションを上げている。

 ラトバラと同じく前日デイリタイアしていたセバスチャン・オジエ(シトロエンC3 WRC)は、SS11でリヤサスペンショントラブルに見舞われる不運があったものの、総合52番手で走行を終えた。

 下位クラスのWRC2では、クラス2番手につけていた勝田貴元(フォード・フィエスタR5)がSS15で逆転に成功。18.6秒リードでクラス首位、総合でも11番手につける快走をみせた。

 競技最終日となる16日(日)はSS16〜19までの4SSで争われる。ステージ上位5名にボーナスポイントが与えられるパワーステージのSS19は現地12時18分、日本時間で19時18分ごろにスタートを迎える。