「人犬一体」で捜索能力競う 盛岡、県警が警察犬競技会

©株式会社岩手日報社

台の上から、指定された臭いが付いた布を選別する警察犬

 県警は14日、盛岡市新庄の盛岡競馬場内駐車場で第40回嘱託警察犬競技会を開き、シェパードなど32匹と指導手22人が足跡追跡や捜索の能力を競った。

 台の上の布から指定された臭いを選ぶ臭気選別など3競技を実施。警察官らが見守る中、遺留品による犯人の追跡や潜伏する不審者の探索など、事件事故を想定した実践的な勝負を繰り広げた。

 足跡追及部門で優勝したシェパードの指導手で奥州市江刺岩谷堂の梅田恭彦さん(36)は「今後も伸び伸びと能力を高め、現場で役立ちたい」と誓った。