防災講演会

©奈良テレビ放送株式会社

 防災に関する理解を深め災害に強い県を目ざす講演会が、奈良市内で開かれました。

 これは風水害などの危険が増すこの時期に、防災に対する意識を高めようと毎年開かれているものです。講師は平成30年7月豪雨で現地調査を行うなど、豪雨災害について研究する静岡大学防災総合センターの牛山素行教授が務めました。

 牛山教授は風水害について、記録の残る明治時代以降から被害者が出なかった年はないと話し、対策には地域を知ることが重要だと話したほか、最近変更された警戒レベルについても紹介。早めの避難の必要性を訴えました。
また、気象予報士で防災士の片平敦さんは、自分だけでなく周りの人や大切な人を守るためにも気象情報などに注意してくださいと呼びかけ、参加した人たちは気持ちを新たにしていました。