香美町の海水浴場 早食いで特産のイカをPR

©株式会社 サンテレビジョン

兵庫県香美町で特産のイカをPRする「イカソーメン早食い大会」が行われました。

長くて太い箸を使い食べる早さを競う

香美町の佐津海水浴場で開かれたこのイベントは日本海の夏の味覚、イカをPRしようと、香住観光協会が毎年開催しているものです。

大会では皿に入ったおよそ100グラムのイカソーメンを、長くて太い箸を使って食べる早さを競います。
2019年は京阪神などから20人が参加し、つるつると滑るイカを掴むのに苦戦しながら懸命にほおばっていました。
熱戦を制したのは、朝来市の新田康司さんでタイムは38秒でした。
会場ではイカ料理の実演なども行われ、訪れた人はイカづくしの1日を満喫していました。