ベネチア・ビエンナーレ日本館「宇宙の卵」(1) 津波石が結ぶ共存関係/キュレーター服部浩之さん

©株式会社秋田魁新報社

 第58回ベネチア・ビエンナーレ国際美術展(11月24日まで)が先月開幕した。日本館は「Cosmo―Eggs/宇宙の卵」と題し、美術家と音楽家、建築家、人類学者が協働して展示作品を作り上げた。企画構成を担った秋田公立美術大大学院准教授の服部浩之さん(40)と、制作に加わった同大准教授で人類学者の石倉敏明さん(44)に作品への思いなどを寄稿してもらった。初回は服部さん。

ArchiBIMIng撮影

 世界中で移民問題が深刻化し、日本では訪問外国人の数が年々増加している。また、原発事故や自然災害などにより暮らしていた土地を奪われ、移動を余儀なくされた人も存在する。そのような現状下で、「どこでどう生きるか」は本質的な課題だ。私たちはそれを「異なったものとしてどのように共存可能か」と読み替え、美術家、作曲家、人類学者、建築家による協働で応答した。

 起点となったのは美術家・下道基行による作品≪津波石≫だ。海底から津波の力で動かされた津波石は、突如地上に現れた異物であるが、次第に周囲には人や動植物が集まり、津波石と関係を取り結んでいた。異なるものたちが共存するプラットホームとして津波石は存在しているのだ。

ArchiBIMIng撮影

 私を含め5人の制作者が顔をそろえたのは、たった3回。拠点も専門も異なるメンバーが全員そろうのは容易ではなく、日々会員制交流サイト(SNS)で議論を重ねた。当初は集まれないことが制約になるのではと危惧したが、必要に応じて一部のメンバーが集い、調査や制作を進める方法が徐々に確立された。

 例えば、下道と人類学者・石倉敏明は2人で沖縄県多良間島に行き、実地調査の目的や方法の違いを互いに実感した。石倉による創作神話には、下道との調査で得た知見を参照したと思われる記述が散見される。一方、建築家・能作文徳は、音楽家・安野太郎の音楽作品を空間へと展開するため、安野と度重なる検討を重ねた。作曲は安野だが、音の出力にも関わるバルーンの造形や仕組みは、能作の建築的応答が不可欠であった。

ArchiBIMIng撮影

 私は各作家の動向に注視し、散在する要素を小まめに接続していった。私のキュレーターとしての取り組みは、参加作家から「ガーデニング的」だと指摘されたことがある。確かに庭づくりに近い感覚がある。種がどのように成長していくかを観察し、状況に応じて手入れをし、継続的な変化を見守る。そして予測不能な交配や化学反応を促進する触媒となり、まだ見ぬ風景の生成を目指したのだ。

 このようにして実現した日本館の展示には、「自然と人間世界との入り組んだ関わり方が、そのまま表現者同士の繊細な関わり方の実践を通じて探求されているところだ」という中村史子・愛知県美術館学芸員の評をはじめ、協働や共存という主題がいかに作品同士の関係に表れているかに言及するものがあった。

ArchiBIMIng撮影

 国別展示には受賞制度があり、新しさや表現の強さを競い合う側面がないとは言い難い。そのような状況下で、表現者同士の関係に着目してもらえたのはありがたい。

 向かいの北欧館では日本館と近い主題を探求し、エコロジーに対して直接的に応答するアーティスト3人がインスタレーションを展開している。期せずして北欧館と共鳴したことは、競い合うのではなく、近い問題意識を持つ同時代の人々と共存することへの希望を感じた。

 【はっとり・ひろゆき】78年愛知県生まれ。早大大学院修了(建築学)。青森公立大国際芸術センター青森の学芸員、あいちトリエンナーレ2016のキュレーターなどを経て17年より現職。

【ベネチア・ビエンナーレ国際美術展】イタリア・ベネチアで開かれる現代美術の祭典。ビエンナーレは「隔年」を意味するイタリア語で開催は2年に1度。日本館は今回、津波で陸に上がった巨石の映像を展示室の四方に配し、中央には座ることもできる黄色いバルーンを設置。自動演奏のリコーダー音と、壁に刻んだ神話の言葉を重ね、詩的な「広場」を構成している。