川内原発の設置取り消し認めず

審査基準「不合理でない」

©一般社団法人共同通信社

九州電力川内原発1、2号機設置許可の取り消しを求めた訴訟で請求が認められず、福岡地裁前で「不当判決」の垂れ幕を掲げる原告側=17日午前

 九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)が新規制基準に適合するとした原子力規制委員会の判断は、火山のリスクの検討が不十分だとして、住民らが国に設置許可の取り消しを求めた訴訟の判決で、福岡地裁(倉沢守春裁判長)は17日、請求を退けた。

 新規制基準下での原発設置許可の適法性に関する司法判断は初めて。

 判決は、川内原発周辺で破局的噴火の可能性は低いとし、規制委の審査基準「火山ガイド」について「不合理ではない」と述べた。

鹿児島県薩摩川内市の九州電力川内原発