毎日21時に渋谷の路上が映画館になる、吉村界人推薦ショートフィルム2本目が上映

©映画ランド 株式会社

毎日21時より渋谷の公園通り入り口の大型街頭ビジョン「ソニービジョン渋谷」でショートフィルムを上映している「SHIBUYA STREET CINEMA 2100 by ShortShorts」(略称:ストリートシネマ)。

6月16日(日)より、吉村界人の推薦するショートフィルムの2本目が上映スタートしている。上映作品は「A Lonely Trip(邦題:心の故郷)」。2014年にスペインで制作されたこのショートフィルムは、バンコクの大学への進学にためらう青年に、父親が人生の教訓と新しい人生に立ち向かうことを息子に語りかける作品。吉村はこの作品から、何を感じ何を思ったのか。21時に渋谷のストリートで上映される。

吉村界人 コメント


吉村界人

この企画で、15本近く短編を見させて頂いた中で、この作品が一番無垢で嘘をつかない表現をしたいんだろうなという気がしました。今言いたいこと、今この5分間はだけ自分は生きてるんだと実感できる瞬間を、言葉として文字として伝えてみてもいいだろ?やりたいんだよ、という声が聞こえました。少なくとも僕みたいな凡人には。