トランプ米大統領「クジラ皇太子に会った」とツイート

©英国ニュースダイジェスト

トランプ米大統領は13日、イギリス訪問の際に王室関係者と会ったことについてツイートしたが、相手の名前を間違える恥ずかしいミスを連発し、ネット上で散々に冷やかされた。「デーリー・ミラー」紙が伝えた。

トランプ米大統領は、エリザベス女王とチャールズ皇太子に謁見したことをツイートした際、チャールズ皇太子の称号であるプリンス・オブ・ウェールズ(Prince of Wales)のスペルを「Prince of
Whales」(クジラ皇太子)、エリザベス女王のことを「the Queen of England」(イングランド女王)と書く失態をおかしてしまう。本人がこれを修正するまでの約20分の間に数千人がこのミスに気付き、英国内でもこのおもしろツイートが話題になった。

これを知ったウェールズにあるオンライン・ニュースサイト「ウェールズ・オンライン」は、同社の公式ツイッターを一時的に「WhalesOnline」にしてクジラの絵文字を一緒に付けたほか、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールはチャールズ皇太子の名を冠した部屋を「ちょっと模様替えしました」として、室内に飾られている数枚の絵画を全てシャチ(英語でキラー・ホエール)の絵に入れ替えたコラ画像を投稿した。