まちおこしのスパイス 地域おこし協力隊

茨城県笠間市 広報かさま令和元年6月号

©株式会社VOTE FOR

■中国、台湾、マレーシア、アメリカの学生さんが笠間体験!
大坪桂(おおつぼかつら)隊員 65歳。千葉県より移住。
今年の1月から3月にかけて笠間ふれあい体験旅行の一環で、海外の学生さんが笠間で民家体験・合気道体験などを楽しみました。概要は表のとおりです。

▽ふれあい体験旅行の一部

どの国の学生さんも笠間での体験をとても楽しんでくれたようです。中国の小学生と交流した宍戸小学校では互いにダンスや歌を披露し、一緒に縄跳びをして言葉の壁を越えて楽しんでいました。
台湾やマレーシア、アメリカの学生も笠間での体験がとても楽しかったようで、別れの時にはホストとなってくれた民家の方といつまでも名残を惜しんでいる姿が印象的でした。言葉の壁があっても心は通じ合うものだ!とつくづく感じます。
ある民家の方は「言葉が通じないからこそ、逆に一生懸命に伝えようとして気持ちがつながる気がする。」と言っていました。
あなたも「ふれあい体験旅行」で心の交流を楽しみませんか?体験旅行に関心のある方は、気軽に大坪までご連絡ください。
連絡先:【電話】090-5765-0544

■地域おこし協力隊とは
地域おこし協力隊とは、総務省が平成21年度から取り組んでいる制度で、都市部の意欲ある人材が地方へ移住(最長3年)し、地域力の維持・強化を目的とした支援活動を行うものです。

フェイスブックもご覧ください
【Facebook】https://www.facebook.com/Kasamartowa

問い合わせ:秘書課
【電話】内線224