模擬乳搾りや試飲にぎわう 小美玉で牛乳王国まつり

©株式会社茨城新聞社

子どもに人気を呼んだ模擬乳搾り体験=小美玉市山野

生乳生産量が県内一の小美玉市で16日、同市産の牛乳や乳製品を広くPRし消費拡大につなげようと、第4回「牛乳王国まつり」(同実行委員会主催)が開かれた。同市山野の「空のえき そ・ら・ら」を会場に、飲む、食べる、作る、遊ぶなど多彩な催しが企画され、家族連れなど大勢の人出でにぎわった。

巨大鍋ミルク豚汁、牛乳や飲むヨーグルトの無料配布・乳搾り模擬体験コーナーは大人気で、長蛇の列ができた。子どもたちは、乳搾り模擬体験のほか、牛乳パックではがきを作ったり、バスに落書きしたりして終日楽しんだ。

開会セレモニーで、朝倉実行・美野里酪農協同組合長は「小美玉市で昨年初開催されたヨーグルトサミットの大盛況や、PR動画が全国広報コンクールで最優秀賞に選ばれ、酪農家にとっても誇りとなった」と述べた。