ウポポイ応援でタッグ、白老初の浜フェス22、23日開催

©株式会社室蘭民報社

 白老町虎杖浜のマルカン本間水産(本間直人代表取締役)と虎杖浜温泉ホテル(笠師利章社長)がタッグを組んで、民族共生象徴空間ウポポイの開設を応援する「浜フェス2019」を22、23の両日、国道36号沿いの同ホテル駐車場で初開催する。22日は「イランカラプテ音楽祭」が白老町コミュニティセンターで開催されるとあって、「白老の西方からも応援ののろしを上げる」と張り切っている。

 「虎杖浜を町外の人にももっと知ってほしい。何か楽しめるイベントはないか。そしてウポポイ応援を」と両社が企画した。本間代表取締役は「地元の人が力を合わせてイベントをつくっていければ地域活性化につながる」、笠師社長は「今年10月ぐらいまで月1回はやりたい」と前を向く。

 イベントスタッフがアイヌ民族のはんてんを着るほか、ウポポイPRののぼりを約20本立てる。来場者にはウポポイPRのパンフレット、チラシをポケットティッシュとともに配布する。

 同ホテル駐車場にテーブル40席を配置。ホタテやツブ、イカ、ホッキなどの炭火焼きコーナーのほか、唐揚げ、フライドポテト、お好み焼き、おでん、海鮮焼きそば、海鮮丼、サーモン丼、マグロ丼、かき氷などを販売。生ビールは1杯450円。22日は浜フェス開催を記念して同ホテルの日帰り入浴券が300円(通常一般600円、小学生400円)。両日とも千円以上買い物をした来場者に、同イベント以降使用できる日帰り入浴割引券をプレゼントする。

 噴火湾産の毛ガニなど海産物の特売市は、マルカン本間水産で22日午前10時~午後2時に行われる。

 浜フェスは両日とも午前10時~午後8時。問い合わせはマルカン本間水産(電話0144・87局3801番)、虎杖浜温泉ホテル(0144・82局8267番)へ。(富士雄志)

 ※「イランカラプテ」の「プ」は小文字

【写真=「浜フェス」でウポポイ応援をと気勢をあげる本間代表取締役(左)と笠師社長(中央)】