シリーズ史上最小 「音」も記録できるインスタントカメラ「チェキ」

©株式会社ジェイ・キャスト

富士フイルムは、インスタントカメラ"チェキ"「instax mini LiPlay(インスタックス・ミニ・リプレイ)」を2019年6月21日に発売する。背面の2.7型TFT液晶モニターを見ながら撮影した画像の中から、好みのものを選んでプリントできる。

音声で思いが伝えられるサウンド機能を搭載

スマホとの連携機能が充実

シリーズ史上最小・最軽量だというコンパクトボディーに、伝えたいメッセージなどの音声を最長10秒、QRコード化して写真とともにプリントできる「サウンド機能」、スマートフォン(スマホ)の画像を送信し、チェキフィルムにプリント可能な「ダイレクトプリント機能」を搭載。

大人数の集合写真などの撮影時に便利な、スマホの操作でシャッターが切れる「リモート機能」を新たに備えた。

10種類のデザインフレームを搭載し、撮影時や撮影後に選択したフレーム付きでプリントが可能。無料のスマホ専用アプリ「instax mini LiPlay」をインストールすれば20種類のデザインフレームが追加でき、全30種類の中から好みのフレームが利用可能になる。

記録画素数は2560×1920ピクセル。記録メディアは内蔵メモリー、microSDHCメモリーカード(別売)。電源は内蔵のリチウムイオン電池。約2~3時間の充電で約100枚のプリントが可能。

表面にはカラーごとに異なる加工を施し、手に取った際の感触にもこだわったという。飛沫塗装のストーンホワイト、凹凸加工のエレガントブラック、滑らかなブラッシュゴールドの3色を用意する。

価格はオープン。<J-CASTトレンド>