Superfly、表現者として憧れる人物とは?「バイタリティがすごい」

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。6月10日の週は4日間にわたり、Superfly・越智志帆さんのスペシャルインタビューをお届けしています。

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』の主題歌『Ambitious』を書き下ろした越智さん。ドラマでは仕事での理不尽なことや、プライベートの間で揺れる主人公の葛藤が描かれています。最終日13日(木)のオンエアでは、越智さんに「憧れる人物像」について訊きました。

この記事の放送回をradikoで聴く(2019年6月20日23時59分まで)

【1日目】『わたし、定時で帰ります。』主題歌も話題のSuperfly、作詞は3日間で仕上げる!
【2日目】Superflyのコミュニケーション術! 心が開けるチームづくりに大事なこと
【3日目】Superflyが「スランプに陥ったとき」のリフレッシュ方法とは?

■「夏木マリさんに憧れます」

越智さんに「尊敬する、憧れる人は?」という質問をすると、こんな答えが返ってきました。

越智:夏木マリさんに憧れます。歌も歌って、演技もやるし、ダンスもされて、表現者としてバイタリティがすごいなと思います。私は常にやりたいことがあるタイプじゃないので、バイタリティのある方を見ると豊かになります。

「自分にはない部分を持ってらっしゃるので、私もああなれたらいいなと思う」と憧れる理由を語った越智さん。10年後、20年後の自分のなりたい理想像であると明かしました。『Ambitious』には、大人が夢を持つことの大切さが込められているそうです。

越智:憧れるという気持ちが夢みたいなもので、「私もそういう存在になりたい」というのがひとつの夢です。夏木さんには何回かお会いしましたが、エネルギーが出ていて活き活きされているので、本当の意味で元気をもらえるなと感じます。

この記事の放送回をradikoで聴く(2019年6月20日23時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

【関連タグ】
STEP ONE   Superfly   サッシャ   仕事   増井なぎさ