■「学校再編について知ってください」

大阪府大阪市生野区 広報いくの令和元年5月号

©株式会社VOTE FOR

■「学校再編について知ってください」
生野区では少子化が進み、1学年1クラスの学年がある小学校が13校あります。小さな学校には家族的な温かさもありますが、集団教育を行う上での課題もあります。大阪市教育委員会と生野区は、小規模校の教育環境改善に向けて、平成25 年より区民の方と議論を重ねて参りました。再編を行って学校を適正規模にするだけでなく、ICTや英語・キャリア教育などの教育内容を充実させた新たな学校として「未来を生き抜く力」を育てる学校を作ると同時に、通学路の安全確保など保護者の方の不安に応えながら、学校再編を推進していく必要があります。対象となる学校区の状況など、メールでのご質問や担当職員が出向いて意見交換する出前講座のお申込みも受け付けておりますので、ぜひご利用ください。ご質問や出前講座のお申込みは[問合せ]まで

◇よくあるご質問
Q.学校再編はしなければならないのでしょうか?

A.こどもたちが多くの友だちに出会い、さまざまな経験ができるよう、国そして大阪市の方針として複数クラスになるよう教育環境の整備が必要とされています。生野区では特に1学年が10名程度の学校もあり、一日でも早く教育環境の改善を行う必要があります。学校再編には賛成・反対、さまざまなご意見を頂いていますが、こどもたちの出会いと学びを保障するためにも、ご理解をいただければと思います。