大谷亮平が杉野遥亮主演「スカム」出演! 詐欺組織のボス役

©株式会社東京ニュース通信社

MBS・TBSほかで7月期放送の連続ドラマ「スカム」(MBS=6月30日スタート・日曜深夜0:50、TBS=7月2日スタート・火曜深夜1:28)に大谷亮平の出演が決まったほか、主演の杉野遥亮がクレーンにつられて絶叫する予告映像、メインビジュアルが公開された。

ドラマは鈴木大介氏のルポ書籍「老人喰い」を原案に、リーマン・ブラザーズの経営破綻を機に多くの失業者が生まれた2008年を舞台に、一流企業から入社半年で新卒切りに遭い、振り込め詐欺に手を染めることになった草野誠実(杉野)が、詐欺師として裏社会でのし上がっていくストーリー。

大谷が演じるのは、草野ら詐欺師を束ねる組織のボス・番頭役の神部逸。詐欺稼業の資金源である金主たちからの重圧に耐えながら、現場の詐欺師たちを守り抜こうとする義理堅い男という役どころとなる。

また、公開された予告動画は、地上15mに大型クレーンでつるされた草野が恫喝され、「なんでもしますからああ!」と懇願する衝撃のシーンなど、詐欺稼業に巻き込まれていく草野の人生と共に、リアルな詐欺の実態の一幕が映し出される。メインビジュアルは、キャッチコピー「ワケあって!オレオレ詐欺はじめました」と共に、紙幣の山に無造作に座る草野と相棒・清宮壮一(前野朋哉)の姿が描かれている。