札幌市に虐待事案全件共有を要望

NPO「救えるチャンスあった」

©一般社団法人共同通信社

記者会見するNPO法人「シンクキッズ」代表理事の後藤啓二弁護士=18日午後、札幌市役所

 札幌市で池田詩梨ちゃん(2)が衰弱死し、母親らが逮捕された事件を受け、子どもの虐待防止に取り組むNPO法人「シンクキッズ」(東京)が18日、北海道警と札幌市役所を訪れ、児童相談所と警察の間で全ての児童虐待事案の情報を共有するよう求める要望書を提出した。

 要望書は「両組織の連携が進んでいれば詩梨ちゃんを救えるチャンスは何回もあった」と指摘。その上で「多くの機関で案件を共有し、多くの目で子どもに危険な兆候がないか見守ることが極めて重要」と訴えた。

 北海道では既に全件共有の運用を開始しているが、札幌市は導入していない。