小池栄子主演ドラマに夏木マリが出演! 3人の“妻”がシェアする“夫”役は平山浩行

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビ系で7月4日スタートの連続ドラマ「わたし旦那をシェアしてた」(木曜午後11:59=読売テレビ制作)に夏木マリ、平山浩行らの出演が決まった。

ドラマは同じ男性と事実婚をしていたシングルマザーの森下晴美(小池栄子)、小椋加奈子(りょう)、藤宮茜(岡本玲)の3人を中心に、3億円の遺産を受け取る“愛するたった一人の妻”が誰だったのかを巡るミステリー。3人が共同生活を送ることになるシングルマザー専用シェアハウスの管理人・染谷文江役を夏木、3人の“夫”で何者かに殺されてしまう実業家・天谷恭平役を平山が演じる。

夏木は「文江さんは期限付きシェアハウスの管理人です。いったいなぜ管理人をしているのか、誰に導かれているのか、物語に翻弄(ほんろう)されるのか、楽しみです。夜も深い時間、3人の女性を中心に面白い話が展開します。夏はこのドラマで、夏決まり(なつきまり)!」と自身の名前にかけてドラマをアピール。また、平山も「謎だらけの社長を演じることになりました。3人のシングルマザーと密に関わっていく非常に難しい役どころだと感じております。撮影は始まったばかりですが、視聴者に楽しんで見ていただけるように演じていきたいと思います」と意気込んでいる。

そのほか、恭平の死に関係する凶悪犯・森雄作役を黒木啓司、文江に雇われてシェアハウスで働く一方で恭平の死に関わっている松田秀明役を赤楚衛二、恭平の古い知人で事件を捜査する刑事・塚本美保役を渡辺真起子が演じることも決定した。