欧州中銀総裁、さらなる緩和も

物価上昇の低調続けば

©一般社団法人共同通信社

18日、ポルトガル・シントラで講演する欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁(ECB提供・共同)

 【シントラ共同】欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は18日、ユーロ圏19カ国の物価上昇が低調な状態が続けば、さらなる金融緩和策を講じる考えを表明した。ポルトガル中西部シントラで講演した。米中貿易摩擦の激化でユーロ圏経済が減速する中、状況次第でさらに踏み込んだ施策を行い、経済を下支えする姿勢を鮮明にした。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が政策金利を引き下げるとの観測も広がっており、日銀が対応を迫られることもありそうだ。

 ユーロ圏の5月の消費者物価指数は前年同月比1.2%上昇にとどまり、目標の2%弱を大きく下回っている。