線は、僕を描く:水墨画テーマのマンガ 「マガジン」で連載開始

©株式会社MANTAN

「週刊少年マガジン」(講談社)第29号でスタートした新連載「線は、僕を描く」のカラーページ=講談社提供

 水墨画をテーマとしたマンガ「線は、僕を描く」が、6月19日発売のマンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)第29号で連載がスタートした。

 6月27日に発売される砥上裕將さんの同名小説が原作で、「この剣が月を斬る」「ベイビー・ワールドエンド」の堀内厚徳さんが作画を担当。大きな喪失感の中で生きる大学生・青山霜介が、水墨画の巨匠・篠田湖山に見いだされる……というストーリー。