人間失格:小栗旬が二階堂ふみに愛ささやく 宮沢りえ、沢尻エリカも 主演映画予告編映像解禁

©株式会社MANTAN

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」の本ビジュアル (C) 2019「人間失格」製作委員会

 俳優の小栗旬さん主演の映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」(蜷川実花監督、9月13日公開)の予告編映像が6月19日、解禁された。天才作家・太宰治(小栗さん)が、太宰の最後の愛人・富栄(二階堂ふみさん)に「大丈夫、君は僕が好きだよ」と、愛をささやくシーンから始まり、「お父さんは天才」と子供たちに語りかける妻の美知子(宮沢りえさん)、「愛されない妻より、ずっと恋される愛人でいたい」と太宰に抱かれる愛人・静子(沢尻エリカさん)、「死にたいんです、一緒に」と太宰に迫る富栄らの姿などが登場。“3人の女たち”と太宰のスキャンダラスな関係性が垣間見える映像となっている。

 併せて、本ビジュアルも公開された。太宰治に扮(ふん)した小栗さんが写し出され、「死ぬほどの恋。ヤバすぎる実話。」というキャッチコピーが添えられている。また、主題歌にスカバンド「東京スカパラダイスオーケストラ」の楽曲「カナリヤ鳴く空 feat.チバユウスケ」が使用されることも発表された。

 映画は文豪・太宰治の遺作「人間失格」の実写化ではなく、「人間失格」の誕生秘話を太宰自身と彼を愛した3人の女性の目線から、実話を基にしたフィクションとして映画化。ベストセラー作品を連発しつつも、正妻と2人の愛人という3人の女性と関係を持ち、愛人と川に身を投げた太宰の恋と生涯を、蜷川監督ならではの新解釈とビジュアルで描く。