社協新会長に菅原氏

伊達

©株式会社室蘭民報社

会長就任であいさつする菅原氏(右)

 伊達市社会福祉協議会の2019年度第2回理事会が18日、市内松ヶ枝町の同社協であり、任期満了に伴う役員改選で、小林幸康会長の後任に理事の菅原健一氏(67)を選任した。

 菅原氏は前伊達市教育長。就任あいさつで少子高齢化など課題が多いことに触れながら「小林前会長の思いを引き継ぎ、伊達の福祉充実へ力を尽くす」と述べた。任期は2年間。

 小林氏は2012年(平成24年)から7年間会長を務めた。

 副会長には前原孝敏氏と菊地裕子氏を選んだ。理事一人一人に菅原会長から委嘱状が手渡された。
(奥村憲史)