“セクハラ”要員?『モヤさま』露骨な三村マサカズ好みの人選にドン引き

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

筧美和子 

(C)まいじつ 

『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)の3代目アシスタント・福田典子アナが5月末の放送をもって番組を卒業。次のアシスタントが正式に決まっていないことから、8月まで週替わりで代打アシスタントが登場することになっている。しかしこれが、完全に『さまぁ~ず』の好みで選ばれているともっぱらの評判だ。

「『モヤさま』では、初代アシスタントの大江麻理子アナが『さまぁ~ず』の2人から気に入られ、寵愛を受けてきました。しかし、2代目アシスタントの狩野恵里アナに対しては、パワハラともとれる行動を連発。三村マサカズと大竹一樹の両名は、気に入らない女性にはとにかく冷たくキツくあたる気質があるのです」(テレビ東京関係者)

そんな中、福田アナは狩野アナからバトンを引き継いだものの、〝五輪取材専念のため〟という理由で中途半端なタイミングで卒業。一部では、『さまぁ~ず』のプレッシャーに限界を迎えたといわれている。事実、狩野アナは卒業する福田アナに、ツイッターで、

《悩んで悩んで人知れず泣いた日もたくさんあったろうと思います》
《これからはNo pressureで毎週日曜思いっきり笑って楽しもう!》

などとメッセージを送っていた。

「福田アナ卒業後の代理アシスタントですが、まずは狩野アナが復帰する形で担当することに。しかし、もともと関係が悪かっただけに、狩野アナの登場に『さまぁ~ず』は露骨にテンションを落とし、ギスギスした雰囲気がロケ中に終始漂っていました」(同・関係者)

 

初心(バカルディ)を思い出せ!

それからというもの、番組スタッフが忖度をし始めたという。

「続く週は、お笑い芸人たちからすこぶる評価が高い大橋未歩アナが登場。すると『さまぁ~ず』の2人は途端にうれしそうにロケを進行し、時にはセクハラまがいのことで楽しんでいました。そして6月16日放送回では、三村の大のお気に入り、筧美和子が登場。案の定、胸の谷間を披露するなどセクシー要員となり、エロおじさん2人の目の保養に。ロケも和やかな雰囲気で行われました」(同)

こういった放送に、ネット上では、

《完全に三村さんにに向けた人選だなぁ。筧美和子さん好きだけど、レギュラーになったら、セクハラが大江アナよりも激化しそうで嫌だなぁ》
《筧美和子さまぁ~ずのお気に入りなのか? 共演すごく多いよね》
《単に三村の好みで人選されているだけみたいだな。福田アナ決して悪くなかったのに、不憫でならない》

などといった声が上がっている。

すっかり大御所芸人になった『さまぁ~ず』。スタッフが忖度するのも仕方ないのかもしれない。