陸自水陸機動団が小銃弾倉1個紛失 大村・多良山系で訓練中

©株式会社長崎新聞社

 陸上自衛隊水陸機動団は18日、大村市黒木町の多良山系での訓練中に小銃の弾倉1個を紛失したと発表した。
 機動団によると同日、偵察中隊約30人が多良山系で訓練。午後1時40分ごろ、男性隊員が89式小銃の弾倉(長さ約20センチ)がなくなっていることに気付いた。弾倉には空包30発が入っていたという。偵察中隊は訓練を中断し、行動した経路などで弾倉を捜索している。
 機動団は「空包の内部に火薬は入っているが、弾頭などは付いていない。発砲音が鳴るもので、人に危害を加えるものではない」としている。