日産とルノー歩み寄りへ最終調整

統治強化の議案、複数委員枠で

©一般社団法人共同通信社

日産自動車、ルノーのロゴマーク

 日産自動車が25日開催の株主総会で諮る統治強化に向けた定款変更議案に対し、主要株主のフランス大手ルノーが議決を棄権する意向を示している問題で、双方が歩み寄る方向で最終調整に入ったことが19日、分かった。日産が議案承認を受けて設置する委員会でルノー首脳に複数のポストを用意し、ルノーもそれを受け入れることで大筋で一致した。

 ルノーの賛同を得られれば、日産が統治改革の柱と位置付ける指名委員会等設置会社への移行は実現する見通しだ。ただ、4割強の日産株を握るルノーが日産の経営への関与をさらに強める可能性は、依然として残る。