大坂なおみ「ウィンブルドン前にはこの大会しかない」。芝初戦突破で苦手意識克服に意欲[バーミンガム・クラシック]

©株式会社WOWOW

「バーミンガム・クラシック」での大坂なおみ

「バーミンガム・クラシック」(イギリス・バーミンガム/6月17~23日/芝コート)で芝コートシーズン初戦を勝利した大坂なおみ(日本/日清食品)。試合後に初戦を振り返った。

大会前に芝への苦手意識を打ち明けていた大坂だが、AP通信によると試合後に「練習の2日間よりいい感じだったと思います」と話した。

また大会公式サイトによると「もちろんより良いプレーを学ぶつもりですが、いまは試合に勝つことができて本当にうれしいです」と初戦突破を喜んだ。

「私にとって非常に重要なことです。(芝大会への出場予定が)ウィンブルドン前にはこの大会だけしかありません。なので、たくさん試合をして自信をもちたいです」

同大会では2回戦が過去最高成績の大坂。しかしその後グランドスラム2大会連続優勝も果たし、今回は世界ランキング1位で迎えた。一方、今大会には「全仏オープン」で優勝し世界2位にランキングを上げたアシュリー・バーティ(オーストラリア)もいる。大坂とバーティのランキングポイント差は、現在‭252‬ポイントだ。

大坂は「今は、ただ楽しんでいます。そのことも楽しんでいます。そして、私は上手くプレーすればNo.1になれることを知っています」と話す。

芝コート初戦で勝利を挙げた大坂が、さらに勝ち上がることが期待される。

大坂の2回戦は過去0勝1敗の相手、世界43位のユリア・プティンセバ(カザフスタン)に決まっている。次戦は大会4日目、20日の日本時間夜に行われる予定だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「バーミンガム・クラシック」での大坂なおみ
(Photo by Jordan Mansfield/Getty Images for LTA)