【MLB】菊池雄星「思い切り投げて90マイルしか出ないのは…」5回6失点で5敗目

©株式会社Creative2

ロイヤルズ戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

ここ5試合は0勝4敗、28歳初登板はほろ苦い結果に終わる

■ロイヤルズ 9-0 マリナーズ(日本時間19日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手は18日(日本時間19日)、本拠地でのロイヤルズ戦に先発して5敗目を喫した。今季16試合目の先発マウンドに上がった菊池だったが、前回は最速95マイル(約153キロ)を計測したストレートは1球もなく、復調しかけた投球をこの日は生かせず、5回9安打6失点でノックアウトされた。

 試合後に「初回から思うようなボールというのは、今日はなかった。ブルペンでも状態は良かったですし、いい状態では臨んだんですけど、結果が伴わなかった」と振り返った菊池。初回先頭から3連打を浴び、あっさりと2点を先制された。

 3回には1死からソレルに中越えのソロ本塁打を被弾。4回にはロペス、ハミルトンに連打を許すと、メリフィールドには9号3ランを浴びた。3者凡退は一度もなし。リズムをつかめないまま5回で降板となり、今季5敗目を喫した。

 試合後、菊池は勢いを失っているストレートに言及。「微調整は必要でしょうけど、そこよりも全体的なコンディショニングですとか、思い切り投げた時に90マイルしか出ないとか、91しか出ないのは、本来はなかなかないこと。日本の時もなかったですしそういう状態になっているということで、いろんな原因を探りたい」と話した。

 前日17日に誕生日を迎えた菊池だったが、28歳初登板はほろ苦い結末に。「決していい時ばかりではないと思いますし、こういう時期も必ず避けては通れないと思いますので、自分の力に変えられるように、財産にできるように1日でも早くいい状態に戻したいと思います」と語り、前を向いていた。(木崎英夫 / Hideo Kizaki)