両岸の学生たちによる体験型研修キャンプを実施 福建省アモイ市

©新華社

両岸の学生たちによる体験型研修キャンプを実施 福建省アモイ市

 【新華社アモイ6月19日】「両岸(中国の大陸と台湾)が家族のように仲良く、小さな頃から心と心をつなぐ」をテーマとする研学(体験型研修)キャンプがこのほど、中国福建省アモイ市集美(しゅうび)区の閩台研学本部で行われた。

 今回の研学キャンプは、両岸の教員が共同で計画・実施し、台湾地区の青少年および親子の合計255人が参加した。両岸の参加者は青少年、中高生、保護者が年齢層別に分かれ、初めて研学本部で一緒に食事や生活、交流を行った。

 研学キャンプでは年齢層ごとに異なる行程や内容が用意され、参加者はそれぞれの「研学の記憶」を得るという。(アモイ=新華社記者/陳旺)