F1アブダビGPで大規模なオークションが開催。シューマッハーのチャンピオンマシン、フェラーリF2002が出品

©株式会社サンズ

 F1とRMサザビーズが、2019年F1最終戦アブダビGPで大規模なオークションを開催することを発表した。ラインアップのなかには、ミハエル・シューマッハーがドライブしたフェラーリF2002が含まれている。

 レースウイークエンドの土曜夜に開催されるオークションには、多数の車が出品されるということだが、そのなかの目玉は、シューマッハーが2002年にタイトルを獲得した際に走らせたフェラーリF1カー、F2002であることが明らかになった。

 販売されるのはシャシーナンバー219で、サンマリノGP、オーストリアGP、フランスGPで勝利を挙げた際にシューマッハーがドライブしていたもの。シューマッハーは2002年、合計11勝を挙げ、第11戦フランスでタイトルを確定させた。

2002年F1フランスGPでタイトルを獲得し、チームと喜びを分かち合うミハエル・シューマッハー(フェラーリ)

 このF2002の競売による収益の一部は、シューマッハー家による非営利活動『Keep Fighting, Never Give Up』に寄付される。

 これ以外には、セバスチャン・ベッテルのサインが入った1990年のフェラーリF40も出品されることが発表されている。アブダビGPの週末、出品される車はオークションまでパドッククラブに飾られる。