子パンダ4頭の生活 陝西省西安市

©新華社

子パンダ4頭の生活 陝西省西安市

 【新華社西安6月19日】中国陝西省西安市の周至県にある陝西秦嶺ジャイアントパンダ繁殖基地は2017年にパンダ4頭の繁殖に相次いで成功した。2歳になった3頭と、間もなく2歳の誕生日を迎える1頭の様子を見てみよう。

 同基地内では、木陰をのんびりと散歩したり、じゃれ合ったり、黙々とタケノコを食べたりする赤ちゃんパンダの無邪気な姿が、見る人の笑いを誘う。飼育員によると、4頭の現在の体重は2017年6月12日生まれの「強生(チャンション)」「善仔(シャンザイ)」「路路(ルールー)」の3頭が80キロ、2カ月後に生まれた「夢夢(モンモン)」も70キロに達しており、体調はいずれも良好だという。

 陝西秦嶺ジャイアントパンダ繁殖基地はここ数年、16頭(双子含む)のパンダの繁殖に相次いで成功しており、現在、22頭を人工飼育している。(記者/都紅剛、劉彤)