不正大麻・けし撲滅運動について

宮崎県美郷町 広報みさと2019年6月号

©株式会社VOTE FOR

4月15日から6月30日まで、不正大麻・けし撲滅運動を実施します。
不正大麻・植えてはいけないけしを発見したときは、
・日向保健所
【電話】0982-52-5101
までご連絡ください。

〈発見したら通報して下さい!!〉
◆大麻(アサ)
大麻は、春から夏にかけて生育し、成長が早く、おおきいものは草丈が3mにもなりますが、種子をつけた後は枯れてしまいます。よく成長した茎は太くまっすぐに立ち、浅い縦すじが通っています。
○葉
葉は、細長い柄の先に、3~9枚(通常は奇数)の小葉が集まって手のひらのような形になっています。葉全体の大きさは10~20cmです。葉脈は規則正しくほぼ等間隔に細かく入り、はっきりしています。

○雄花・雌花
花は夏に咲き、雄花と雌花が別々の株につきます。雌株は、葉のつけ根に穂状の雌花を多数つけます。雄花を摘むと、樹液でねばねばします。

◆植えてはいけないけし
○ケシ(ソムニフェルム種)
・つぼみの特徴
つぼみの外観は、キャベツの葉のような白味を帯びた緑色をしています。つぼみの表面には、ほとんど毛がありません。
・花の特徴
花びら4枚で、色は赤、桃、紫、白などがあります。
また、多数の花びらがついた八重咲きの花もあります。

○アツミゲシ(セティゲルム種)
・つぼみの特徴
つぼみの外観は緑色で、つぼみの表面やつぼみの下の茎(花梗)には毛があります。
・花の特徴
花びらは4枚で、色は薄紫や赤があり、ソムニフェルム種よりも小形です。

○ハカマオニゲシ(ブラクテアツム種)
・つぼみの特徴
つぼみの表面には、硬く伏した(寝た)毛が多数ついています。
・花の特徴
花びらは4~6枚で、基部に黒紫の鮮明な斑点があります。花びらのすぐ真下に4~6枚のハカマ(苞葉)があります。

◆植えてもよいけし
○オニゲシ
○アイスランドポピー
○ヒナゲシ(虞美人草)
○ブルーポピー

大麻・けしを発見したときは下記にご連絡下さい。
各地方厚生(支)局麻薬取締部(支所)・都道府県薬務主管課・保健所・警察署
厚生労働省・都道府県
実施期間:4月15日から6月30日まで