日ハム栗山監督、左膝手術で今季絶望の上沢へ「今季よりもナオの体の方が心配」

©株式会社Creative2

日本ハム・栗山監督【写真:荒川祐史】

上沢は左膝を手術して全治5か月

 日本ハムの栗山英樹監督は19日、左膝蓋骨の整復固定術を受け、今季中の復帰が絶望的となった上沢直之投手について、「今季がどうのこうのよりもナオの体の方が心配なので」と話した。

 上沢は18日のDeNA戦に先発したが、6回にソトの痛烈な打球が左膝を直撃。東京都内の病院で検査を受け「左膝蓋骨骨折」と診断されていた。全治5か月の見通し。上沢は「大事な時期にチームを離れることになり、本当に残念です。チームは必ず優勝すると信じているので、これからしっかりとリハビリしていきます」とコメントしていた。(Full-Count編集部)