防衛省、山口の資料も標高にずれ

地上イージス

©一般社団法人共同通信社

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を巡り、防衛省が山口県側に示した説明資料に記された台地の標高が、国土地理院のデータと2メートル異なっていることが19日、分かった。関係者が明らかにした。

 山口県で配備を予定しているのは陸上自衛隊むつみ演習場(萩市、阿武町)。「西台」と呼ばれる阿武町の高台について、防衛省の資料では最も高い標高が576メートルと記されていたが、国土地理院のデータでは574メートルだった。

 防衛省は資料作成の際、米グーグルの衛星写真を利用したサービス「グーグルアース」を使用した。