DeNA大和、移籍後初サヨナラ打「田代さんがお腹が空いたから早く決めてくれと…」

©株式会社Creative2

DeNA・大和【写真:荒川祐史】

同点の9回1死二塁で石川直からサヨナラ打

■DeNA 7-6 日本ハム(交流戦・19日・横浜)

 DeNAの大和内野手が19日、日本ハム戦(横浜)で移籍後初のサヨナラ打を放った。チームは2カードぶりのカード勝ち越しを決め、交流戦首位のソフトバンクに0.5ゲーム差に迫った。

 “珍指令”に燃えた。9回1死二塁の打席前。大和は田代チーフ打撃コーチから「お腹が空いたから早く決めてくれ」と言われたという。打席では石川直の初球のカーブに反応。左中間へ打ち返し、阪神時代の13年6月29日の広島戦以来のサヨナラ打とした。「いい投手だし、最初からどんどん行かないと、追い込まれたらチャンスがなくなる。(移籍後初サヨナラ打は)また違うというか、本拠地でサヨナラ打は嬉しいですし、みんなに喜んでもらえるのも嬉しかった」と表情を緩めた。

 チームは3位阪神と2ゲーム差。交流戦も首位・ソフトバンクと0.5ゲーム差だ。31歳の大和は「接戦のゲームを勝てるのはチームにとってプラス。勝っている時はどんどんいけますけど、いざ負けた時に1人1人どうするか」と前を見据えていた。(Full-Count編集部)