《上毛新聞社旗還暦野球》伊勢崎の東還暦野球クラブが初優勝

©株式会社上毛新聞社

優勝旗や賞状を手に喜ぶ東還暦野球クラブ
投打に活躍し、最優秀選手賞を受賞した東還暦野球クラブの山本敏秀投手

 還暦野球の第11回上毛新聞社旗争奪兼第35回全日本軟式選手権群馬県予選(県還暦野球連盟、上毛新聞社主催)は19日、高崎城南球場で3位決定戦と決勝を行い、決勝で東還暦野球クラブ(伊勢崎)が還暦安中クラブを7―1で下し、初優勝した。最優秀選手賞は山本敏秀投手(東還暦)、敢闘賞は浅見篤投手(還暦安中)、打撃賞は8割3分3厘(6打数5安打)で清水隆由内野手(東還暦)が獲得した。3位のウイニングおおたを加えた上位3チームは全日本選手権(10月、仙台市)、4~6位は全日本選抜大会(9~10月、千葉県成田市)に出場する。

 ▽決勝
東還暦野球クラブ
111 120 1―7
010 000 0―1
還暦安中クラブ
【東】山本―栗原
【安】浅見、神戸―広上
▽本塁打 清水隆(東)
▽三塁打 清水隆2、山本(東)江原(安)
▽二塁打 川瀬、清水乗(東)広上(安)