陸自水陸機動団 小銃弾倉を発見 大村・多良山系で紛失

©株式会社長崎新聞社

 陸上自衛隊水陸機動団は19日、偵察中隊の男性隊員が大村市黒木町の多良山系で訓練中に紛失した小銃の弾倉1個を発見したと発表した。弾倉には空包30発が入っていたが、使われた形跡はなかった。
 機動団によると、19日朝から200人以上を動員して捜索。午前11時半ごろに訓練で通った経路で発見し、回収した。
 機動団によると、隊員は「サスペンダーに弾倉をひもで結び付けていたが、結びが緩く、歩いているうちに落ちてしまった」と話しているという。