女子学生に後ろから近づき…殴って現金奪う 容疑の男逮捕 千葉市

©株式会社千葉日報社

 千葉中央署は19日、強盗致傷の疑いで、千葉市中央区南町2、自称会社員、嘉瀬友昭容疑者(39)を逮捕した。

 逮捕容疑は1月18日午後7時35分ごろ、同区宮崎町の路上で、帰宅途中の専門学校生の女性(20)=同区=に後ろから近づいて口をふさぎ、脇道に引きずり込んで「刺すぞ。財布を出せ」と脅迫。顔や腹を複数回殴り顔面打撲のけがを負わせ、現金約5千円の入ったトートバッグを奪った疑い。

 同署によると、容疑を認めており「現金がほしかった」と供述しているという。バッグの中身の一部を捨てる様子が防犯カメラの映像に残っていたことなどから浮上した。