<夏の高校野球千葉大会>令和初の覇者へ 163チーム組み合わせ決定 7月10日開幕

©株式会社千葉日報社

第101回夏の高校野球千葉大会組み合わせ表

 第101回全国高校野球選手権千葉大会(7月10日開幕)の組み合わせ抽選会が19日、千葉市稲毛区の千葉県スポーツ科学センターで行われ、170校163チームの対戦カードが決まった。

 今春の選抜大会準優勝校で春の県大会を優勝した習志野は7月14日の2回戦から登場し、千葉南-安房の勝者と対戦する。本県史上初となる夏の甲子園4年連続出場が懸かる木更津総合は、14日の初戦で柏井-泉・大網の勝者と戦う。

 開会式は7月10日午前11時から千葉市美浜区のZOZOマリンスタジアムで開催し、同日は試合を行わない。県内11会場で162試合が行われ、順調に日程が消化されれば決勝は25日に同球場で行う予定。

 選手宣誓は大会回数の「101」を引いた東京学館浦安の遠藤湧士主将が務める。