高速でタンクローリー強奪、兵庫

あおり運転トラブルか

©一般社団法人共同通信社

 20日午前1時10分ごろ、兵庫県佐用町本位田甲の中国自動車道上り線で、大阪市東淀川区の男性会社員(50)のタンクローリーが、乗用車に前方をふさがれ停車させられた。乗用車に乗っていた男が、会社員を車外に連れ出して顔を殴り軽傷を負わせた。

 佐用署によると、男は乗用車を放置しタンクローリーを奪って逃走後、約7キロ先の走行車線上に乗り捨てた。署はあおり運転のトラブルがあったとみて強盗致傷容疑で男の行方を追っている。捜査関係者によると、大阪府内で同日に暴行容疑で逮捕された男が、関与をほのめかしているという。