ROLLY「岐阜辺りの“田んぼの匂い”を嗅ぎたい」その深意は…!?

©ジグノシステムジャパン株式会社

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」。6月19日(水)の放送は、アーティストのROLLYさんが登場。お気に入りの場所について話してくれました。

ROLLYさん、坂本美雨

坂本: ROLLYさんの“お気に入りの場所”はどこですか?

ROLLY:ざっくり言うと“うら寂しい所”が好きですね。パリで必ず行くのは、モンマルトル墓地。セルジュ・ゲンスブール(フランスの歌手、俳優、映画監督)をはじめとした有名アーティストのお墓が、どれもすごく独創的なデザインで。1日ぼーっと過ごすことができますね。

坂本:(モンマルトル墓地は)映画などにも出てきますね。

ROLLY:外国の墓地ってまったく怖くないですよね。

坂本:そうですよね。向こうの墓地はガーデンっぽくなっているというか、ご近所の方もみなさん普通にお散歩されていますよね。

ROLLY:逆に、世界で一番有名な遊園地のパレードを観ていると寂しくなります。ものすごくきれいな夜景などを見ると、寂しくならないですか?

坂本:その背景や背後にあるものを想像するとか?

ROLLY:ものすごくきれいな高層マンションを(仮に)パカッと開けると、断面図が見られるじゃないですか。いろんな家族がいて、そこで起こる家族の人間模様のことを考えると辛くてね……。それだったら、初めからうら寂しい所のほうが“うら寂しい”所から始まっているから、温かい方向に向かっていけるような気がするんです。だから、ものすごく幸せそうなものだと寂しさを感じちゃう。そこにないものを欲しくなるんですかね。

坂本:確かに寂しい場所に年配のご夫婦がお散歩に来たりすると、それだけで心が温まりますよね。

ROLLY:温まりますね。そういう感じで言うと、最近は日本の墓地も嫌いじゃないかな。新幹線で東京-大阪間をよく移動するんですけれど、岐阜辺りの田んぼのなかの一軒家とか墓地とかに行って、田んぼの匂いを嗅ぎたい。気持ちだけはあそこに行っている。体は新幹線で大阪のほうに向かってますが。

坂本:すごいなあ。飛び回っているなあ、ROLLYさんの意識が(笑)。

ROLLY:意識がね(笑)。

ROLLYさんのセルフカバーアルバム『ROLLY'S ROCK WORKS』は現在発売中です。詳しい情報は公式Webサイトをご覧ください。


【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年6月27日(木)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。


<番組概要>
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月~木曜11:00~11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/dear/