生駒里奈、秋山ゆずき、安本彩花らが大原櫻子主演ドラマで「びしょ濡れ」!!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京で7月3日からスタートするドラマパラビ第4弾「びしょ濡れ探偵 水野羽衣」(水曜深夜1:35)。水に濡れるとタイムリープできるという特殊な能力を持つ主人公・水野羽衣(大原櫻子)が、その能力を生かし「びしょ濡れ探偵」として事件を解決へと導く本作を彩る華やかなゲスト陣が発表となった。

第2話で元彼からのストーカー被害に悩む小悪魔カフェ店員の杉浦美香子役を演じるのは松田るか。「美香子は、お淑やかな言葉遣いだったり、女性らしさがあり、羽衣や探偵事務所のみんなに対して優しい子です。欠点を挙げるとすれば、正しい事と正しくない事の区別があまりつかないことですかね…。なぜか憎みきれないのが彼女の魅力でもあると思います」と自らの役を分析する。

第3話に登場するのは“ずぶ濡れ探偵”として芸能活動をする水村姉妹の妹・しずる。演じるのは生駒里奈。「しずるは、純粋に夢を追いかける、女優として高みを目指したいと思っている子ですが、日々これで良いのかと思い悩んでいて、今の私というよりは、昔の自分を引き出して重ねて演じました」と役柄について語った。さらに「撮影的に2回水をかけられたのですが、(姉・かけみ役の)秋山ゆずきさんがかけ方が上手でとても楽しかったです」と撮影のエピソードを明かした。

同じく第3話に登場する“ずぶ濡れ探偵”水村姉妹のプロデューサー・毒島役には濱津隆之。「びしょ濡れになるという設定が、なんとも自分の好きなヘンテコさで、そんな世界に参加できてよかったです。今回の金井監督は、とても熱い思いを秘めた義理に厚い男でした。撮影では、秋山ゆずきちゃんと『カメラを止めるな!』以来初めての共演で、感慨深いものがありました」とコメント。

そして“ずぶ濡れ探偵”水村姉妹の姉・かけみ役は秋山ゆずき。「(羽衣の兄・淳之介役の)矢本さんとのシーンでは、本番中に思わず笑いそうになってしまいました! 今回の見どころはやはり水です! たくさんびしょ濡れになりますが、びしょ濡れのシーンはとても神秘的で奇麗な映像になっているので、そこも楽しみにしていただきたいです」と見どころを訴えた。

第7話で羽衣が所属する演劇部の副部長・星ヒカル役を演じるのは、私立恵比寿中学のメンバーの安本彩花。「台本を拝見させていただいた時、私が実際にヒカルと同じ演劇部だったらと考えたら若干ゾッとしました(笑)。でも、圧の強さや面倒な暑苦しさの中にも感じた、ヒカルちゃんの女の子な部分がかわいらしいなと思いました」と自ら演じた役を振り返り印象を述べた。

第8話で北山真奈美役を演じるのは葉加瀬マイ。画家である夫のスランプに悩む艶美な人妻という役どころだが、「芸術家の奥さまという役で、身近にイメージする人がいなかったので、『芸術家 妻』とGoogleでたくさん検索しました(笑)。芸術家より感性が強く、愛情深くなければならないというようなことが書かれていて、それを踏まえてより純粋な真奈美の役を演じさせていただきました」とコメントした。

本作はテレビ東京での放送と、動画配信サービス・Paraviとで、異なる2種のエンディングが用意される。Paraviでの配信方法は、地上波で第1話が放送された後に、「テレビ東京版」の1話から6話までを、また第7話の放送後に7話から12話までをまとめて配信する。そして「Paravi版」は、地上波で各話放送終了後に毎週配信される。両方を視聴することで、2倍楽しむことができるという試みとなっている。