心に響き渡る邦楽聴いて

29日、登別で「鈴の会」

©株式会社室蘭民報社

29日の演奏会に向けて稽古する出演者たち

 琴や尺八などの演奏者が集う「鈴の会」(山口井教蘭会主)の第9回演奏会が29日午後1時半から、登別市若山町の仙海寺で開かれる。メンバーは本番に向けて、熱心に練習を重ねている。

 演奏会は2部構成。出演は琴12人、三弦6人、尺八6人、詩吟1人、フルート1人。初出演となる蘭北小4年の山本美里奈さん、幼稚園年長児の奈菜香ちゃん姉妹は、みなと小4年の多田明莉さんらと「七つの子」を演奏する。「春の海」では、フルート奏者の林加奈子さんが加わり、ファンからのリクエストが多い「島恋歌」などを披露する。

 山口会主は「毎年多くの人たちが楽しみにしてくれています。日本人の心に響き渡る琴、尺八、三弦などの演奏を聴いてほしい」と来場を呼び掛けている。

 入場無料。問い合わせは山口会主、電話0143・85局3459番へ。
(坂本綾子)